アフィリエイト広告を利用しています。

仕事をやめたい

引っ越しの手順のまとめ!私の備忘録

2019年10月12日


この記事の信頼性

  • 筆者は京大院卒の元製造業会社員の男性。
  • 10年製造業で正社員として働いていましたが辞めました。
  • 会社を退職するのは怖い気持ちになりましたが、諦めの気持ちと会社に感謝の気持ちを持つことで勇気が出ました。
  • 製造業を辞めた理由は、やりがいがなかったから。毎日同じルーティンに嫌気がさしました。
  • 今は自由にブログをしつつのらりくらりと自由に暮らしています。
  • 読者に有益な情報となり、少しでも読者の日々の生活を明るくできるよう心がけて執筆します。

引っ越しをすることになったら何をする必要があるのだろうと疑問に思いませんか?

引っ越しの方法を知らないで引っ越しをすると、申請漏れなど後から面倒なことになりますよね。

私は、引っ越す際に何をすべきか分からず困ったことがあります。

このたび、引っ越すことにしましたので、せっかくですので引っ越しの際に行ったことをまとめていこうと思います。

引っ越しの手順をまとめます。

目次は次の通りです。

・引っ越しの手順

・お見積りをとる

引っ越しをする際は、複数の見積業者にお見積りをとるとよいと思います。

引っ越しネットを利用すると、一回の登録で複数のお見積りが来ます。

登録には、旧と新の住所を入力して、家具の種類や、段ボールの個数を入力します。

引っ越し予定日もすぐに決まっていなくても、初旬、中旬、下旬といった指定方法ができす。

また、自由記入欄には、旧住所の処分する冷蔵庫や電子レンジ、ガスコンロ等があればお見積りを追加で記入しておきます。

数社から、登録後すぐにお電話がかかってくると思います。

会社によっては、一度訪問してから正式なお見積りを出してくれます。

・賃貸、駐車場の解約

引っ越し予定日を決めるために、いつまでに解約の手続きが必要か聞きます。

1例では、10月末までに解約手続きをすると、11月末まで利用できるといったケースがあります。

解約手続き日と退去日は契約書にも書いていると思います。

お電話や、代理店に直接出向いて確認します。

・旧住所での電気・ガス・水道・インターネットの解約

電気・ガス・水道・インターネットの解約をするために、まずは、引っ越しが決まった時点で、連絡を入れておくといいと思います。

1か月ぐらいあるといいと思います。

最低でも1週間はいると思います。

・NHKへ転居連絡

TVを利用されて、NHKへ使用料をお支払いしている方は、転居連絡をする必要があります。

・かかりつけの病院がある場合

引っ越し先で病院を見つける必要があります。

現在のかかりつけの病院で、紹介状を書いてもらいます。

診察してその場で書いてもらうことはできないケースもありますので、後日紹介状を取りに行くといいと思います。

・郵便局の転送サービス

お引越しの際には、近くの郵便局の窓口に転居届を出しておきます。

1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送されます。

・新聞購読の解約

新聞を毎日とってる人は、解約日を伝えます。

・トランクルーム

一時的に、預けておくところが必要な場合は、トランクルームを検討します。

・ごみ捨て

燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ごみ、プラスチック、缶など、ごみ捨ての日にちを確認しておきましょう。

・荷造りと掃除

引っ越し業者から、段ボールを預かった場合、洋服や、食器、本などを段ボールに詰めて荷造りをします。

段ボールにしまえば、部屋を綺麗に掃除することも忘れずにします。

・転入、転出手続き

引っ越しの際には住民票の住所変更が必要です。

違う市町村に引っ越す場合は、いま住んでいる市区町村の役所へ「転出届」を提出し、「転出証明書」を受け取ります。

引越しが終わったら、引っ越し先の市区町村の役所へ「転出証明書」と「転入届」をあわせて提出し、転入の手続きをすれば、住民票の住所変更は終了です。

印鑑証明や、国民健康保険、国民年金、マイナンバーも住所変更をする必要があり、市役所で手続きをすることから、一度で手続きをすませるといいと思います。

・印鑑証明の住所変更

実印をお持ちの方は、印鑑証明を引っ越し先の市役所で取得する必要があります。

・国民健康保険の住所変更

住所変更が伴う場合は、国民健康保険の住所変更の申請が必要になります。

引越しの際にいったん資格喪失手続きをして、転入先の役所で再度、加入手続きをする必要があります。

・国民年金の住所変更

住所変更が伴う場合は、国民年金の住所変更の申請が必要になります。

・マイナンバーカードの住所変更

住所変更が伴う場合は、マイナンバーカードの住所変更の申請が必要になります。

・運転免許証の住所変更

引っ越した後は、運転免許証の住所の変更が必要です。

変更先は、引越し先の運転免許試験場、運転免許更新センター、警察署です。

必要なものは、運転免許証と住所が確認できる新しい住民票、新住所の健康保険証、消印付郵便物、住所が確認できる公共料金の領収証などです。

・車庫証明とナンバープレート変更

車庫証明は警察署で発行してもらう書類です。

まずは車の保管場所(車庫)を管轄している警察署に行き、申請に必要な書類を入手しましょう。

ナンバープレートは新たな住所を管轄する陸運局で住所変更します。

・まとめ

引っ越しの手順を解説しました。

・お見積りをとる
・賃貸・駐車場の解約
・旧住所での電気・ガス・水道・インターネットの解約
・NHKへ転居連絡
・かかりつけの病院がある場合
・郵便局の転送サービス
・新聞購読の解約
・トランクルーム
・ごみ捨て
・荷造りと掃除
・転入、転出手続き
・運転免許証の住所変更
・車庫証明とナンバープレート変更

以上、参考になれば幸いです。

Topページに戻る

第二新卒の転職 UZUZ 20代におすすめ

総合満足度
掲載メディア毎日新聞、日経新聞、朝日新聞、東洋経済など
おすすめ20代の第二新卒
おすすめ理由・内定獲得ノウハウ多数蓄積
・ブラック企業を徹底排除
・優良企業多数
費用無料(いっさい費用はかからない)
利用タイミング・自分の進路相談したい
・今の自分を受け入れられる求人を知りたい
と思ったとき
地域首都圏・関西圏・名古屋・福岡の求人が中心
内定獲得期間1ヶ月程度で内定を獲得する方が多いが、早い方だと1週間かからない
実績・就職支援実績52341名
・入社後定着率93.6%
・登録企業者数3000社以上(大手からベンチャーまで)
管理人より退職を考えている方は、UZUZに登録だけでもしておいたらいいですね。

口コミと実績数で選ぶ退職代行ランキング

退職代行のランキングです。口コミや実績数で評価しています。退職代行は「会社の人と会うことなしにあなたに代わって会社に退職の意志を伝えることや、退職の代行を受けれるサービス」です。

第1位:男の退職代行

運営労働組合&弁護士指導
対象男性専門
サポート地域は全国
特徴即日退職可能
退職成功率100%
会社への連絡はすべて代行
自分でやめることを伝えなくてOK
会社の人と会う必要もなし
全額返金保証
完全無料転職サポート
24時間対応で明日から会社に行かなくてOK
費用
(追加費用なし)
アルバイトやパート:
19,800円(税込み)

正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:
26,800円(税込み)
選ばれる理由20代30代男性が選ぶNo.1
顧客満足度No.1
対応スピードNo,1
口コミランキング5年連続男性1位

第2位:わたしNEXT

運営労働組合&弁護士指導
対象女性専門
サポート地域は全国
特徴即日退職可能
退職成功率100%
会社への連絡はすべて代行
自分でやめることを伝えなくてOK
会社の人と会う必要もなし
全額返金保証
完全無料転職サポート
費用
(追加費用なし)
アルバイトやパート:
19,800円(税込み)

正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:
29,800円(税込み)
選ばれる理由女性が選ぶNo.1
顧客満足度No.1
対応スピードNo,1
口コミランキング1位
リピート率No.1

第3位:弁護士法人みやび

運営弁護士
対象男女共用
サポート地域は全国
特徴即日円満退社で直接のやりとり一切不要
有給消化・残業代・退職金・未払い給与を請求&交渉できる
損害賠償請求への対応も可能
24時間いつでもLINEやメールで相談できる
費用
着手金:
55,000円(税込み)

オプション費用:
回収額の20%(残業代、退職金請求など)

実費:
郵送料など
選ばれる理由弁護士だから交渉に強い
口コミ多数
メディアで話題沸騰

-仕事をやめたい
-, , ,