アフィリエイト広告を利用しています。

仕事をやめたい

退職は逃げなのか判断基準とは?あなたの○○が今そこにあるかで決まる

2023年9月4日


この記事の信頼性

  • 筆者は京大院卒の元製造業会社員の男性。
  • 10年製造業で正社員として働いていましたが辞めました。
  • 退職が逃げになるのか。
  • 辞める時、ふと頭によぎります。
  • しかし、今自分の目標がどこにあるのかが全てだと思いました。
  • 読者に有益な情報となり、少しでも読者の日々の生活を明るくできるよう心がけて執筆します。

・退職を考えている
・退職は逃げになるのか?

この悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「退職は逃げ?」の冒頭を読めば、退職が逃げなのかどうかすっきりします。

私は10年サラリーマンをして会社を辞めた経験から行き着いた結論があります。

記事前半では「退職は逃げ?」を、後半では「仕事の逃げ癖を改善する方法」を解説するのでじっくり読んでくださいね!

目次は次の通りです。

・退職は逃げなのか判断基準とは

・そこにあなたの目標があるかが大切

退職が逃げかどうかの判断基準は、あなたの目標が今そこにあるかで決まると私は思います。

その仕事で成し遂げたいことが本心である

この場合は、逃げになるのではないでしょうか。

一方で、

必要に迫られて仕事を選んだし、実は目標は別のところにある

この場合は、必ずしもあなたの目標が現在の仕事にあるとは思われません。

なので逃げではありません

仕事を変えることで、新しい目標が見つかったり自己成長ができますよね。

そもそも嫌なことは逃げてもいいと思う。

・目標は移り変わるもの

仕事をしていると、目標が変わっていきます

「昔、こんな仕事をしたかった」

と仕事を始めても、実際3年働いていると、違う仕事の興味がわいてきたなんてことはあります。

その時、これは逃げなのか?

と思うかもしれませんが、逃げだとは思いません。

時代は移り変わるものですし、目標が変わったのなら、新しいものへ挑戦するほうが正しい道だと思います。

逆に、目標が変わっても、仕事を変えない場合は、将来から逃げている状態だと言えるでしょう。

逃げて逃げて居心地のいい居場所が見つかるもの。最初からはなかなか見つからない。

・目標があっても処遇や環境が悪いときもある

あなたに会社での目標があろうとも、会社の処遇環境が悪いときがあります。

例えば、

  • 心身はボロボロ
  • パワハラやセクハラがある
  • 安月給

など。

あなたの目標を叶えるためには、あなたの心身にモチベーションという栄養が必要です。

そのモチベーションが阻害されてしまえば、あなたの目標は維持できないでしょう。

このような理由で、退職を選ぶのは逃げではないと思います。

自分の安売りは良くない。

・仕事の逃げ癖を改善する方法

実はまだ今の会社で働きたい・・・

そう考えていますか?

以下に、仕事の逃げ癖を改善する方法を解説します。

それは、

・計画を立てる
・タスク管理をする
・仕事をするメリットを探る

1つずつ解説します。

・計画を立てる

計画を立てることで、未来にすべき行動が具体的になりモチベーションがあります。

ちゃんと、ステップを踏んで成長しているんだな・・・

こう思うことができます。

計画は他人に立ててもらったものではいけない。自分で計画を立ててこそやる気がでるもの。

・タスク管理をする

タスク管理をして仕事をこなしていくことで、仕事に忙殺されて仕事から逃げたくなる気持ちをなくすことができます。

タスク管理の方法は例えば、

  • タスクリストを作成・優先順位をつけてタスクを整理。
  • タイムマネジメントツールを活用しタスクの進捗状況を追跡。
  • タスクを小さなステップに分割。

などがあります。

仕事がいい感じに進んでれば逃げたくなることはない。

・仕事をするメリットを探る

仕事の逃げ癖を改善するには、あなたの仕事をするメリットが何かを考えましょう。

お金を稼ぐのは、生活をするため。

これでは、モチベーションが湧きません。

あなたが、これを達成できればうれしいということを思い描いてみましょう。

  • 新しい家を買ってみたい
  • プロポーズするため
  • 外車を買うため

など。

労働の奴隷になってはいけない。

・今の仕事から逃げてもいい理由

・逃げ=負けではない

退職の逃げが負けにならないケースがあります。

それは戦略的撤退の時です。

退職に

  • 理由がある
  • 計画的である
  • 目標がある

場合は戦略的撤退です。

つまり、退職の逃げが負けになりません。

・天職に出会うには数回の転職も必要な場合もある

天職って知ってますか?

天職とは、「私はこのために生まれた」と思える仕事です。

初めから天職に出会うとは限りません

何回か転職したのち、自分のいるべき場所が見つかるケースもあります。

なので、1回目に仕事が合わないから退職することは逃げではありません。

・人生は1度きりで後戻りはできない

人生は1度きりです。

後戻りはできません。

あなたの20代、30代、40代、50代、60代・・・というのは一生に一度だけしか訪れません。

どんな仕事をして過ごすかで幸福度は変わるでしょう

あなたは満足のいかない仕事を何十年もしたいですか?

答えはNoだと思います。

この場合退職をするのは悪くないはず。

・退職する・しないでどんなリスクがある?

あなたの退職は逃げではないと分かったなら、次は退職について考えることだと思います。

退職する際には、どんなリスクが潜んでいるか事前に把握しておく必要があります。

退職をする」もしくは「退職をしない」どちらにしても、リスクがあります。

・退職するリスク

退職するリスクは下記。

・生活リズムを失う

仕事をしていたときは、毎朝6時に起きていたかもしれませんが、仕事をしないと起きる動機がありません。

自分で計画を立てて行動をしないと、生活リズムを失ってしまいます

朝8時・・・・・・

そうだ仕事いかなくていいんだ・・・

もうちょっと寝よう・・・

昼12時・・・・

もう12時か、もうちょっと寝よう

夕方16時・・・・

そろそろ起きよう、何か1日損したな・・・

こんなことになります。

・家族から理解されにくい

家庭を持っている方なら、仕事をしないと家族から理解されにくいかもしれません。

一家の大黒柱なのに、家でのんびりしていると、家族が家計を心配します。

「毎日お父さん家にいるのなんで?」と子供に言われます。

外に出歩くとご近所さんにも「仕事してないのかな」と思われます。

・安定の収入を失う

退職すると、定期的な収入を失います

生活費や医療費を賄うための十分な資金を持っていないと、経済的な困難に直面するかもしれません。

貯金もあと68万円・・・

最近カップラーメンしか食べてないな・・・

体壊しそうだ・・・・

次の仕事見つけないとな・・・

こんな状態になります。

・無職でも国民健康保険や年金は支払う

免除を受けない限り、無職でも年金や国民健康保険は支払います

収入がないから、年金の免除を受けにいこう・・・・

免除受けたら、将来もらえる年金が減るしちょっと心配だな・・・

まあしかたないか・・・

このように老後を心配します。

ちなみに、国民健康保険料は収入が減れば下がります。

・毎日の生活費でどんどんお金が減る

収入がないと、毎日の生活費でどんどん貯金が減っていきます

節約しているのに、なんやかんやお金使う・・・

車のガソリン代も必要・・・

食費もばかにならない・・・

スマホ代や家のインターネット代だって必要・・・

こんな状況になります。

・キャリアが途切れる

キャリアを一時的に中断することで、将来的なキャリアの発展に対する影響も考えられます。

仕事を辞めて3年立つな・・・

仕事の感覚を忘れてしまった・・・

仕事ができる気がしない・・・

仕事に対する自信を失っていきます。

・孤独になる

仕事を辞めることで、社会的なつながりや仕事仲間との交流が減少する可能性があります。

ほとんど家にいる・・・

ここ1か月、誰かとまともに話したことない・・・

声も細くなった気がする・・・

ちょっと孤独だな・・・

孤独感や社交的な孤立感が生じ、精神的な健康に対するリスクが高まることがあります。

退職するリスクはこれだけあるけど、良い面もある。例えば、朝起きるときゆっくりできたり、昼寝もベットでできる。好きなだけYoutubeやアニメを見ることもできる。長期旅行だってできる。定年退職した老後でしか味わえないことが、若くして味わえる。

・退職しないリスク

退職しないという選択は、マイナスの影響を及ぼすことがあります。

・仕事への不満が続く

会社を辞めたいのに辞めないと、

  • 仕事内容への不満
  • 労働条件、勤務時間、給与などの働き方に関する不満
  • 過度なストレス
  • 人間関係の問題
  • 職場環境の不満

など、いつまでも仕事への悩みが解決しません

絶望だ・・・

こんな仕事もう辞めたい・・・

辞めれない自分が不甲斐ない・・・

何年この気持ちを持ち続けているのだろう・・・

定年までこの状態が続くと、自分は絶対後悔する・・・

このように、退職しないと仕事への不満が続きます。

・本当にやりたいことができない

他の職業や業界への挑戦の機会を逃すことがあります。

もし自分が3年前に転職して別の会社にいたら、仕事も慣れてるだろうな・・・

そして、やりたい仕事ができて気持ちも明るくなっているだろう・・・

彼女ができないのは、「好きなことを仕事にできない自分を見透かされてるから」これだと思う・・・

だって、仕事に自信がある人は、大抵彼女がいる・・・

やりたい仕事も彼女も手に入れたい・・・

このように、退職しないと、本当にやりたいことができません。

・遅くなるほど転職が難しい

遅くなるほど転職が難しくなります。

このため、歳をとるほど本当に入りたい業種に正社員で入社することは難しくなります

若い子にはポテンシャル採用がある・・・

若いから将来を期待されて、今スキルがなくても採用されるやつだ・・・

年をとれば、転職時会社はスキルを要求する・・・

このように遅くなるほど転職が難しくなります。

退職するのはリスクが伴う。リスクが伴うからリターンも大きい。ハイリスクハイリターンっていうよね。

・退職で周りの目を気にする人へ【私の見解】

退職は逃げだと思うのは、周りの人の目を気にするからではないでしょうか?

どうしても周りと比べてしまう。

だから、自分が逃げだと思う行動はかっこい悪い

このように思うかもしれません。

しかし、あなたとあなたの友達、知り合いはこれまでの人生経験が違います

例えば、音楽大学で音楽の専門を勉強してメジャーデビューをした人と、インディーズから這い上がってメジャーデビューした人がいたとします。

同じメジャーデビューした人なのに、印象が違いますよね。

どちらがすごいとか、優劣はない。

もし、この人達が音楽を辞めたらどう思いますか?

両方とも、違う理由で辞めたはずだと想像するはず。

また、音楽を辞めるのは逃げだと思いますか?

それぞれ何かしら理由があるんだろうなと思ったはず。

つまり、あなたが退職することは、他の人とは比べることができないことなんです。

それと、周りは逃げだと考えることもないのではないでしょうか。

いやいや、メジャーデビューした人と比べると話が変わる・・・

そう思うなら、楽器屋さんで働いている人を想像してください。

例えば、音楽大学で音楽の専門を勉強して楽器屋さんで働いている人と、アルバイトで楽器屋さんをしている人がいたとします。

もし、彼らが退職したとして、それは逃げだと思いますか?

これも、何か別の目的があるとか、別の理由があると思いますよね。

そうそう逃げだと思われませんよ。

だから、自分軸で生きる

これを実行してみてください。

周りを気にせず、あなたがいいと思う方向に全力で向かう。

これが大切ではないでしょうか。

・まとめ「退職は逃げ?あなたの○○が今そこにあるかで決まる」

退職は逃げか?

それはあなたの目標が今そこにあるか

で決まります。

目標は変わるものです。

目標が変わったなら、仕事を変えることは逃げではありません。

いくら目標があっても、処遇や環境が悪い場合があります。

モチベーションの維持のためにも、環境を変えることは悪いことではありません。

自分は逃げているかもしれない・・・・

そう思う方がいるかもしれません。

逃げ癖の改善方法は下記。

・計画を立てる
・タスク管理をする
・仕事をするメリットを探る

逃げ=負けでない場合、それは戦略的撤退です。

退職に理由や計画がある場合は逃げではありません。

最初から天職に出会えるとは限りません。

このため、何回か転職が必要な場合もあります。

人生は一度きりで後戻りはできません。

どんな仕事をして過ごすかで幸福度は変わるでしょう。

自分の目標は既に別のところにある。

こんな人は退職を希望するかもしれません。

退職をする・しない、どちらを選んでもリスクがあります。

退職をするリスクとしては、

  • 生活リズムを失う
  • 家族から理解されにくい
  • 安定の収入を失う
  • 無職でも国民健康保険や年金は支払う
  • 毎日の生活費でどんどんお金が減る
  • キャリアが途切れる
  • 孤独になる

などがあります。

退職をしないリスクとしては、

  • 仕事への不満が続く
  • 本当にやりたいことができない
  • 遅くなるほど転職が難しい

などがあります。

Topページに戻る

第二新卒の転職 UZUZ 20代におすすめ

総合満足度
掲載メディア毎日新聞、日経新聞、朝日新聞、東洋経済など
おすすめ20代の第二新卒
おすすめ理由・内定獲得ノウハウ多数蓄積
・ブラック企業を徹底排除
・優良企業多数
費用無料(いっさい費用はかからない)
利用タイミング・自分の進路相談したい
・今の自分を受け入れられる求人を知りたい
と思ったとき
地域首都圏・関西圏・名古屋・福岡の求人が中心
内定獲得期間1ヶ月程度で内定を獲得する方が多いが、早い方だと1週間かからない
実績・就職支援実績52341名
・入社後定着率93.6%
・登録企業者数3000社以上(大手からベンチャーまで)
管理人より退職を考えている方は、UZUZに登録だけでもしておいたらいいですね。

口コミと実績数で選ぶ退職代行ランキング

退職代行のランキングです。口コミや実績数で評価しています。退職代行は「会社の人と会うことなしにあなたに代わって会社に退職の意志を伝えることや、退職の代行を受けれるサービス」です。

第1位:男の退職代行

運営労働組合&弁護士指導
対象男性専門
サポート地域は全国
特徴即日退職可能
退職成功率100%
会社への連絡はすべて代行
自分でやめることを伝えなくてOK
会社の人と会う必要もなし
全額返金保証
完全無料転職サポート
24時間対応で明日から会社に行かなくてOK
費用
(追加費用なし)
アルバイトやパート:
19,800円(税込み)

正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:
26,800円(税込み)
選ばれる理由20代30代男性が選ぶNo.1
顧客満足度No.1
対応スピードNo,1
口コミランキング5年連続男性1位

第2位:わたしNEXT

運営労働組合&弁護士指導
対象女性専門
サポート地域は全国
特徴即日退職可能
退職成功率100%
会社への連絡はすべて代行
自分でやめることを伝えなくてOK
会社の人と会う必要もなし
全額返金保証
完全無料転職サポート
費用
(追加費用なし)
アルバイトやパート:
19,800円(税込み)

正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:
29,800円(税込み)
選ばれる理由女性が選ぶNo.1
顧客満足度No.1
対応スピードNo,1
口コミランキング1位
リピート率No.1

第3位:弁護士法人みやび

運営弁護士
対象男女共用
サポート地域は全国
特徴即日円満退社で直接のやりとり一切不要
有給消化・残業代・退職金・未払い給与を請求&交渉できる
損害賠償請求への対応も可能
24時間いつでもLINEやメールで相談できる
費用
着手金:
55,000円(税込み)

オプション費用:
回収額の20%(残業代、退職金請求など)

実費:
郵送料など
選ばれる理由弁護士だから交渉に強い
口コミ多数
メディアで話題沸騰

-仕事をやめたい
-